オリジナル冷マを作成してみた

冷マ 作成

僕は冷マをもっと集めたいのですが、現在全国的な冷マブーム中なのでなかなか見つける事ができません。
冷マを唯一集める方法は自宅か会社のポスターに冷マがポストされるのを待つだけです。

ツイッターやインスタグラムで冷マー(冷マを集める人々)の収集活動を眺めるだけの日々が続きました。

Twitterの冷マ投稿

https://twitter.com/oiitomotomo/status/1029353778674196480

Instagramの冷マ投稿

https://www.instagram.com/p/BmNsRNpgCbk


https://www.instagram.com/p/Bi7EYX0AaAc

ご覧の通り、現在全国的な冷マブーム中なんです。
冷マをキレイに撮影し、まとめ始める上級冷マーも登場し始めています。

一方僕は冷マではなく、焦りとストレスが貯まる日々。
他人の家のポストを探してしまおうか?と犯罪スレスレの思考をしてしまう自分もいた。

どうすれば、もっと冷マを集める事ができるのか?

僕は収集力も持続力もないので何かをコレクションする才能はないし別に好きでは無い、ではなぜ集めるのか?
それは、冷マが好きだからだ。

そこで思いついた

来るものを待つのでは無く、こちらから行けばいい!
そうだ、持続力の無い僕は30代で転職を11回経験しいろんな技術や経験を超中途半端に取得している。
その中にデザインする技術があるので、それを活用すればいい!

要は

自分でオリジナル冷マを作成してしまえばいいのだ!
そんな流れで冷マを作る事になって実際に作ったのがこちら

冷マの冷マ

冷マ 作成
冷マを作ると言っても、僕は水道屋さんでもないのでそのまま冷マの冷マにしました。

冷蔵庫に貼ったらこんな感じ

冷マ 作成
完全に冷マになってますね。

冷マを実際にデザインして感じた事は、冷マはデザインレベルが高い事です。
なんせ情報量が超多いのでフォントサイズやレイアウト、カラー、キャッチコピーなど細部まで気を使わなくてはなりません。
僕も最初は冷マデザインをなめていましたが、今は冷マクリエイターになりたいと思うくらいです。

まだデザインだけ作って印刷はしていません。 最低ロット3000枚とかするので、2万くらいかかりそうですね。
今回が冷マクリエイターとして初の作品なので、今後もブラッシュアップを続けてオリジナル冷マを作り続けたいです。