手長ロボとは、日本国内に設置された手の長いロボットの事です。 その歴史は古く1980年代に製造開始。一般に浸透したロボットとしては世界最古とされています。 種類も様々で、巨大型・兄弟型・超手長型・囚われ型・赤手型・足長型などが確認されており、今後も新しいタイプが発見される事が期待されています。 一方、手長ロボを業務用のガスメーターと認識している人が多いため、これまでロボットして見られる機会はありませんでした。 2017年4月26日、第一号の両国チムニー号を発見して以来、徐々に発見数は増え続けています。


最初に見つけた手長ロボ、チムニー両国号
詳しく見る

天上天下唯我独尊
詳しく見る

千手観音
詳しく見る

阿吽像
詳しく見る

御開帳
詳しく見る

北斗の拳のトキを連想させてくれるトキ号
詳しく見る

手長ロボMAP

八十八体の手長ロボ見つける修行、お遍ロボを決行中です。発見した手長ロボを随時マップ化しております。

手長ロボ一覧